和風から洋風まで様々なテイストのお庭を提案しております。

庭園設計・施工・剪定管理
0120-977-470

豆知識


<3月>

「ハクモクレンとコブシの違いは?」

春になると、街路樹や公園で華やかに咲くハクモクレンとコブシ。
しかし、どっちがどっち?
どちらもモクレン科モクレン属。なので似ていて当然ですね。
そこで区別の仕方をご紹介したいと思います。

※ハクモクレン(白木蓮)はモクレンという別名でも知られていますが
本来モクレンとは赤紫色の花を咲かせるシモクレン(紫木蓮)のことを指します。

※コブシ(辛夷)(拳)の名は実の形が握りこぶしのように見えることから。
果実は集合果でにぎりこぶし状のでこぼこがある。

※コブシの別名は「田打ち桜」と呼ばれ、コブシの花が咲いた時期を目安に
農作業を始める目安となっていた。こういう木を「農諺木」(ノウゲンボク)という。


          ハクモクレン       コブシ       
 開花時期 3月中旬  ←より1週間~10日後あたり 
 花の色 白  白 
 花の大きさ 8~10cm  4、5cm 
 花の向き 上向き、もしくは斜め上   斜め上、もしくは横向き
 花びらの数 9枚(正確には花びら6枚と
花びらのように見えるがくが3枚 
 6枚
花びらの厚み  厚ぼったい  ←より薄い 
花の咲き方  花が閉じたように咲く  しっかい全開で咲く 


ハクモクレン


コブシ


<ハクモクレンとコブシは方向指標植物!>

方向指標植物=コンパスプラントと言います。
これは、日がよく当たるつぼみの南側が膨らみ、つぼみの先端が北を向いていることから。
蕾が大きくなるとき、よく光が当たる南側がどんどん成長して、結果的に先端は反対側の北へ向くことになる。
すべてのつぼみが北を指すわけではありませんが,早春に山で道に迷ったらこれらのつぼみを観察すれば方角がわかりますね!
方向指標植物としては,ヤナギ科のネコヤナギも有名です。




ページの先頭へ

ナビゲーション

吾 風 園

本社
〒238-0014
横須賀市三春町6-82

磯子営業所
〒235-0042
神奈川県横浜市磯子区上中里町622

子安農園
〒240-0106
神奈川県横須賀市子安13

お問い合わせ先


0120-977-470

FAX 045-787-4861
Mail gotp2002@gmail.com

お見積もり無料


いつでもお気軽にお問い合わせ
ご相談下さい




    スタッフ募集中


一緒に働いてくれる方を募集中です!

詳しくはお電話でお問い合わせ下さい。